だめもと

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

紙きれで土地や物を手に入れる方法。国際金融投資家の手口

f:id:damemotoko:20190708230351j:plain

紙切れで土地や物を手に入れる方法を知っているだろうか?

それは、あなたが通貨を発行すればいい!!ただそれだけ。

 

ユダ金、ロスチャ、ロックフェラーなどなど国際金融投資家にとっての最大の力

それが、通貨発行権です。

紙幣の起源は・・・

昔は、物の物々交換でした。

卵12個と、トマトを交換ね

みたいな感じです。

 

人が増え、文明が発達していくと物々交換が非常に面倒になってきます。

金塊なんて重いですよね。金塊をもってうろつくと野盗に狙われる危険性もありいいことありません。

 

そこで、登場するのが石工職人です。陰謀論が好きな方は知っていますよね。

フリーメーソンですよ。

彼らは、金を預かり、管理する金庫が作れたため

金庫の番人のような立ち位置になりました。

 

金を引き換える為の、引換券それが紙幣の始まりです。

そして石工職人はすご~く悪いことを思いつきます。

 

金の預かり総量って、管理している石工職人しかわかりません。

そしてよそ様から預かっている金で、勝手に金貸し業を始めました。

個人個人で、預けている金の量がわかっても、総量だけは石工職人しかわかりません。

 

石工職人のやりたい放題です。

時には王様にだって、金を貸します。いくらだって引換券を用意できる。

そしてその権利あるのは、金庫の管理をしている石工職人だけです。

 

こうして彼らは、通貨発行権を手に入れるのです。

 

紙切れを配って土地や物をゲットだぜ!!!

あなたがどっかの村や町に行って、お金を配る。

今までの紙幣は使えません!!

これからは、これが新しいお金ですってやる。

 

フフフ。

預金封鎖みたい。

 

そして、村や町にお金を配る。ただし、金利はとる。1年後に100マン新通貨を105マン新通貨にして返してね、ってやればいい

 

通貨発行権を持っているのは、あなただけ。

だから、105マン新通貨なんて絶対に、払えない。

払えたら偽札作ってることになっちゃう。

 

そして、あらあら5マン新通貨足りないじゃない~

担保として、土地没収ね!!

 

はい。これでただの紙切れで土地を手に入れることができました!!

 

日銀の株主は非公開

日銀というのは、政府が運営していると思われがちだが違う。

日銀は株を発行していて、株式会社みたいなもんだ。

 

そして、日銀の株を55%の所持者は非公開になっている。

こんなおかしなことある?

誰がどんだけ持っているというのは、絶対に知られたくないようで(笑)

 

政府がお願いをして、お金を発行してください。という形になっています。

んで、タダで発行してくれるわけがない。そう、借金が生まれます。

日本は超借金大国ですけど、中央銀行の支配を受けている時点で、借金は大なり小なり背負います。

 

銀行もやっていることは変わらない

 銀行って考えたら、おかしいと思いませんか?

例えば、あなたが会社を作りたいと思っています。

銀行に1億円融資してもらいます。

 

通帳を記帳したら、通帳に100,000,000という数字が刻まれるだけです。

実際に〇〇銀行の〇〇支店に1億あるわけではありません。

 

ないお金を貸し付ける・・・

これを信用創造というらしいですが、

実際やっていることは、石工職人と変わらなくないですか?

酩酊会見のあの人は・・・

f:id:damemotoko:20190830204920j:plain

www.bing.com

酩酊会見で有名ですよね。

マスコミにすごい叩かれました。

これ、薬を盛られたんじゃないかって話もあります。

 

その後、自殺されたとなっていますが、

暗殺されたのではないか、という話もあります。

 

それはなぜか、

中川氏は、政府通貨を発行しようとしていた

という話があるからです。

 

国際金融資本家の食い物にされるのを嫌って、

自国で通貨を発行しようとしていたそうです。

 

私が、ありえるなぁと思うのは

この酩酊会見がおかしいからです。

 

だって、安倍首相の会見って、超原稿見て話してるし、質問者があらかじめ決まってる時がある。

でも、テレビでは上手く編集して、原稿を見ないで話している姿しか流さないじゃないですか(笑)

 

そこまでしてあげる方々が、どうして

この状態で会見をさせたんですか?

最初気づかないにしても、おかしいとなった時点で無理やり会見を中止させればよかった。

わざと、この状態で会見させたように見えるんですよね。

まとめ

我に通貨発行権を与えよ。さすれば法律など誰が作ろうと構わない。

byマイヤー・アムシェル・ロスチャイルド

 

国際金融投資家、ロスチャイルドの名言です。

そのくらい通貨発行権というのは大きいのです。

 

自国で通貨を発行できている国は、数か国しかありません。

百数十か国もあるうちのたった数か国です。

そのくらい、支配が強いんです。

 

それでも、通貨発行権を取り戻した国があります。

それが、ハンガリーです。

日本も、自分の国のことを自分たちで決められる国にしたいですね。

 

 


金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫) [ あべよしひろ ]

 


世界金融本当の正体 「ロスチャイルド伝説」と「中央銀行の通貨発行権問題 [ 野口英明 ]