だめもと

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

【おばさん調べ】コロナの影響があった仕事・なかった仕事

f:id:damemotoko:20200510134804j:plain

1か月ぶりの更新です。皆様はおかわりないでしょうか?

おばさんは、コロナから身を守るにくじゅばんがより一層分厚くなってしまい、

そろそろダイエットが必要な状態ですが、いたって元気です。

 

緊急事態制限が発令されてから、さらに人々の生活が激変したようですが

おばさん、一切生活に変動がありませんでした。

テレワークになったわけでもなく、休業になったわけでもなく、ただただ同じ日々を過ごし、ストレスフリーな生活を送っております。

 

今後予想されるのは、大恐慌による大リストラ時代の到来です。

それに加え、おばさんは、コロナは終息しないとも思っています。

理由はコロナはRNA型で変異しやすいから。実際、年末に武漢から発生した新型コロナですが、すでに19もの型があるそうです。

ワクチンを作っても、すぐにワクチンが効かないコロナが誕生するのでは?というのがおばさんの予想です。

 

いつ終息するかわからない新型コロナです。終息しても、いつまた復活のFの如く、再流行するかわからない。

転職する人も、失業した人も、次の仕事はなるべく新型コロナの影響を少なくしたくありませんか?

 

そんな方のために、緊急事態宣言発動下でも実際、仕事があった職種と影響具合をお伝えしたいと思います。

 

おばさんの仕事

おばさんは、パートをかけもちして、計3つの仕事を掛け持ちしています。

それは

・お掃除

・ごみ捨て

・荷仕分け

の3つです。

 

今回はこの3つについてお伝えします。

 

お掃除

おばさんの一つ目の仕事は、お掃除です。

これは、パートでのお仕事です。

 

掃除場所って大まかに分けると

・公共施設

・会社

・個人宅

があります。

 

おばさんの掃除場所は個人宅。

掃除なんて、自分でできるだろう!!!非常識め、けしからん!!!、と

一部思う方がいるかもしれません。ですが、

 

介護とまではいかなくても身の回りの事でも大変!!という方もいるのですよ。

持病もちだったり、もしくは医療従事者だったり。

医療従事者の多くは、今コロナソルジャーとして懸命に仕事をしてくれますよね。

 

コロナ対応をしてなくても、なんらかの影響がでているわけで、

そんな大変な時に、自分の部屋ぐらい自分で掃除しろ!!!っておばさんは言えないな(笑)

 

話を戻して、影響具合についてですが、

おばさんは、ついているので全く影響がありませんでした。

 

ですが、お客様からのキャンセルで全然仕事がなくなったという掃除仲間もいますし、

 

人の家掃除するために外に出て、コロナになったらヤダ~&もし無症状感染をしていて、お客様にうつったらヤダ~という掃除する側の休みもあります。

 

人が足りなくなるので、代わりの人がヘルプに行くわけですが、ヘルプを頼まれたらすべてやる、という猛者もいます。そういう人は”ヘルプ特需”でバンバン稼いでいます。

 

とはいっても、お客様のキャンセルの方が多いようで、多くの方は仕事が減ったようです。ごく一部の人が稼げたようで、そこをふまえるとコロナの影響は大きかったようです。

 

ごみ捨て

2つ目の仕事はごみ捨てです。

個人宅のごみ捨てではなく、会社のごみ捨てです。

 

これまた強運なことに、その会社が休業しなかったため、ごみ捨ての仕事が普通にありました。

 

おばさん、このごみ捨ての仕事はなかなかいいな~と思っていて、

マンションや企業ビルでも、みんな普通に仕事をしてましたね。

 

影響があったといえば、マンションの管理人さんですね。

どこにいっても、ごみ捨てだけの時短勤務をさせられていて、収入が減ったという話を聞きます。

 

でも裏を返せば、ごみ捨てだけはなくならないということです。

ごみ捨てだけの契約にすれば、収入は安定するのではないでしょうか。

荷仕分けの仕事

3つ目の仕事が荷仕分けです。

荷仕分けとは、宅配便などの荷物を区分けごとに分ける仕事です。

これは影響ありました。いい意味で。

 

残業しまくりでした。

外に出られない分、みなさん宅配便を利用しますからね。

 

おばさん、この荷仕分けはねらい目だと思いますよ。

あとは、宅配ドライバー。

 

今後も一定の需要がありますし、尚且つ人の入れ替えが激しいからです。

なぜ人の入れ替えが激しいか?って、それはきつくて大変だからですよ!!!

 

重たい荷物を持たないといけない。

宅配ドライバーは重たい荷物を持つ上に、同じルートをぐるぐるしないといけない。

時間指定に間に合うように持っていったら、いないでやんの。

 

こんなことの繰り返し。

だからやめる人も一定数出てきます。

一度不採用になっても、様子を伺っていれば必ずチャンスがくる。

 

まとめ

いかがでしてでしょうか?

転職を考えている人も、既に辞めた人も、新しい仕事選びのご参考になれば幸いです。

 

日月神事という書物があります。日月神事は日本と世界の未来が描かれている預言書のようでありながら、人々が生きていくうえで大事な信条・理念も説いている不思議な本です。

 

その日月神事には、困難なことに多々直面するけれど、それを乗り越え生き延びれば、幸せになれる、という描写があります。

 

今この瞬間に、倒産・失業で命を絶とうとしている人がいるかもしれません。

諦めちゃダメだ!!!生き延びれば必ず幸せなことが起きますよ。

せっかくここまで頑張ってきたんだから、ここでリタイアしたらもったいないですよ!!!