だめもとでやってみました。

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

暗号通貨は発展途上国に人気!?暗号通貨の未来

だめもとで暗号通貨やってます。

 

f:id:damemotoko:20181102163834j:plain

暗号通貨とは、2017年に流行った仮想通貨のことなんですが、

個人的に、仮想通貨という表現があまり好きではないので、暗号通貨と呼んでいます。

 

私が暗号通貨を始めたのは、2017年5月くらいからです。

 

マイナンバー制度が始まり、”預金封鎖されるのでは?”という恐怖から行き着いたのが暗号通貨でした。よくよく考えると、私、全然貯金がないのでそんな心配はいらなかった・・・

 

でも、銀行とは、お金とは、と調べていくうちに暗号通貨にたどり着き、革新的な通貨だと思い、チビチビと買い始めました。

 

いいものだと思っていたからこそ、バブル的な値上がりをした2017年は実に残念。

 それでも、お気に入り通貨は大事に持っています。

 

ビットコインイーサリアムといった有名どころから、オミセゴーRといったマイナーコインまで大事にしています。

 

ビットコインスペックが低いから、いつか他の暗号通貨に価値が抜かれる。”

”通貨として使われるには、知名度が大事。他の暗号通貨を持っていても意味がない

 

等々、色々な言い分を耳にするのですが・・・

こればっかりは、誰にもわかりません。

どっちに転ぶかわからない以上、私はメジャー通貨もマイナー通貨もどっちも保有しています。

 

10年後、暗号通貨は無価値になって、”そういえば、昔流行ったよねぇ”と言われるようになるのか、はたまた、”なんで、あの時買っておかなかったのか・・・”と嘆いているのか

未来を楽しみに待つほかないですね。

 

ちなみに、オミセゴーという仮想通貨は、主にタイで使われている暗号通貨です。

タイのマクドナルドで普通にお会計できるそうです。

 

発展途上国のタイで?っと、不思議に思ったんですが、調べてみると

銀行等のインフラが発達してない国でむしろ人気だそうです。

 

銀行は手続きやらが面倒ですよね。難しい銀行インフラを整えるより、スマホ1つでもできる暗号通貨を導入した方が楽だし、お金もかからないですよね。

 

私もつい先日、銀行に行ってきたのですが、2時間も待たされて、気絶しそうでした。

 

こういう時に、早く暗号通貨が普及したらなぁ~なんて思ってしまいます。

 

日本がいくら暗号通貨を規制しても、タイのような今後伸びしろのある国で使われちゃうと、認めざる負えないのではないでしょうか。

観光立国を目指すなら、色々な決済方法があった方がいい便利だし。

 

とりあえず、私は海外旅行行ったときにでも使えればいいので、今でも大事に持っています。

 

だめもとで暗号通貨をもっているけれど、失敗かどうかはまだわからない。


Ledger Nano S 暗号通貨ハードウェアウォレット # LedgerNanoS レジャー (パソコン周辺機器) [PSR]


一冊でまるわかり暗号通貨2016〜2017【電子書籍】[ 森川夢佑斗 ]