だめもとでやってみました。

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

最強のふたり

最強のふたりという映画をしっていますか?

 


最強のふたり [Blu-ray]

 

粗暴なドリスと事故で体が不自由になったフィリップの物語です。

アマゾンプライムで見ているのですが、私はこの映画が大好きなんですね。

ずっとかけ流しています。

 

この映画は実話をもとに作られたお話で、だからこそより惹かれるのかもしれません。 

見ると色々なことに気づかされます。

 

 

面接なのに服装が自由

首から下を一切動かすことができないフィリップが、介護補助者の採用面接をする。

それが2人の出会いです。

 

採用面接ということで、日本人はスーツをきて、ドアを2回ノックし、深々とお辞儀をし、相手が座っていいというまで座っていはいけない。なんて、イメージがあるのですが、面接待ちをしている人々がまぁ自由な恰好なんですよ(笑)

 

これ↓以前見た、日本の就活を揶揄したものなんですが、

news.livedoor.com

奴隷で成功する方法(笑)

まさにその通りだなぁと感じています。

そうこれ、立派な社畜になれるかのテストなんですねー反論できません(笑)

 

私ストレス面接大嫌いなんですよ。

初対面でなんてこと言うんだ!!何様だ?

って思います。

 

仕事のストレスに耐えられるかをチェックするため、って言われてますけど

実際は従順でタフな社畜を選ぶ面接なんじゃないですかね。

 

ただ、私は何もやってもいいっていってるわけじゃないですよ。

履歴書見るときは、字を丁寧に書いているかとか志望動機とか遅刻をしないとか、露出魔みたいな恰好じゃないか、とか最低限をちゃんと見ますよ。

 

でも、印鑑が曲がっているだの、A4用紙じゃないだの、ピアスつけて面接に来ただの

そういうところまで、細かく言う気はありません。

 

新卒の面接練習の時、細かい作法を注意されて、辟易した覚えがあります。

日本企業の過度なマナーの強要にげんなりしますね、この慣習はいつまで続くのでしょうか 

ヨーロッパ圏の人々が、ドイツをどう見ているのか

私はヨーロッパに行ったことがないですし、文化もよく知りません。

だから、ドイツ以外のヨーロッパ各国が、ドイツをどう見ているかもしりませんでした。

 

↓このブログが大好きで、いつも記事を読ませてもらっているんですが、

ドイツ人について書いた記事があります。

www.globalmacroresearch.org

 

作中で、オペラ鑑賞をする場面があるのですが、

木が歌っているといって、爆笑していたドリスがドイツ語だとわかると

マジかよ、最悪って言ってる場面があります。

 

フィリップをからかって、ヒトラー風の口髭に整えたときは、

ふざけんな、やめろってフィリップが怒っていましたし、

文化的にも、歴史的にも、ドイツは距離をおかれる存在かもしれませんね。

 

障がい者と差別

ドリスは障がい者のフィリップに容赦ないんですよ。

失業保険をもらって、みんなに迷惑をかけてどんな気分?ってフィリップは嫌味たっぷりにドリスに聞きます。

 

それに対してドリスは

(介護してもらって世話になっている)そっちはどうなの?

って(;゚Д゚)

 

フィリップがチョコちょーだい、というと

あげない。このチョコは健常者用だからって

ドリス一人で爆笑するんです(笑)自分の言ったブラックジョークに爆笑する。

 

ここまで聞くと、ドリスがやばいサイコパスのように感じるかもしれませんが、

フィリップを車の後部(トランクみたいなところ)に乗せるのを嫌がります。

馬のように荷台に乗せるなんて嫌だって!!

 

フィリップにマリファナを教えちゃうわ、風俗サービス呼んじゃうわ、車いすが最高スピードでるように改造するわ、ドリスはぶっ飛んでます。

 

そんなドリスを信頼し、仲良くなるのは、どうしてでしょうか?

フィリップは、障がい者としてではなく、人として扱ってくれるからではないでしょうか。

 

作中で、ドリスの事をこう言います。

あいつ電話を差し出すんだぜ。容赦ないそこがいいんだ

 

障がい者として、差別しない。そこがドリスのいいところです。

 

アマゾンプライム会員ですと、現在無料で見られます。

↓興味あるかたは、どうぞ。★4作品でおもしろいですよ。

 

f:id:damemotoko:20190110235553j:plain