だめもと

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

FGF注入はやめた方がいい

f:id:damemotoko:20190629224414j:plain

FGF注入はやめた方がいい。

ヒアルロン酸注入とは格段に危険度が違います。

でも結構やっちゃう人いるんですよね。

 

私の母もFGF注入やってみようかな~なんて言ってきたことがあったので

全力でとめましたよ。

今回はFGFの危険性についてお話ししようと思います。

 

FGFはそもそも注入するものじゃない

FGFっていうのは、そもそも注射器でプスプスと注入するのもではありません。

FGFとは褥瘡(床ずれ)の治療として使われています。

フィブラストスプレーと言います。

 

f:id:damemotoko:20190629230920j:plain

これが褥瘡(じょくそう)↓

ちょっとグロテスクな画像もあるので、心して見てください。

www.bing.com

このぐらいのレベルの治療に使うものですよ。

健康体の皮膚しかも真皮層に注入するものじゃないんです。

 

一度注入すると、もとに戻らない

FGFを培養液に混ぜて、培養したことがある。

3回中3回とも、細胞数がバラバラでした。

そのぐらいコントロールが難しいです。

 

また、人によって増殖力にすごくばらつきがあります。

まったく変化がないしと、少し増殖力があがった人、格段に増殖力が上がった人、本当に様々です。

 

人によっても、こんなに違います。

 

FGF失敗した人の声

FGFの失敗に悩む人の電話をとったことがある。

結構そういう相談の電話が多い。

私が以前勤めていた場所は、FGF注入するところでもなければ、FGF失敗の治療をするところじゃないんだが、

何を勘違いしたのかそういう電話がよくきた。

 

彼女たちは、決まって

こんなはずじゃ・・・

って言うんです。

 

何をとち狂ってるんだか、なんら関係のないこちらに怒鳴りつけてきたりする。

 

怒鳴ろうが、涙で枕を濡らそうが

一度注入したものをなかったことにするなんてできません。

一生その顔で生きていくしかない。

 

現在の対処法はケナコルト(ステロイド)治療のみ

FGF注入の失敗には、ケナコルト治療しかありません。

ステロイドを注射して、しこりを溶かします。

 

といっても、それは医者の裁量です。

ステロイドはとても強い薬なので使いすぎには注意が必要です。

 

水に砂糖を入れて甘くなりすぎたから、塩をいれて水に戻したいと言っているようなものです。

水には戻りません。砂糖塩水です。

 

まとめ

FGF注入がいかに危険か、おわかりいただけたでしょうか?

どうしてもやりたい方は止めませんが、覚悟してやってください。

 


★送料無料 7/2 9:00AM迄★ポーラ B.A ローション 120ml(リフィル)【人気】【Pola】【化粧水】

 


★送料無料 7/2 9:00AM迄★ポーラ B.A クリーム 30g【人気】【Pola】【デイクリーム】