だめもとでやってみました。

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

潰れる会社の特徴

f:id:damemotoko:20190615073815j:plain

潰れる会社の特徴についてご紹介します。

私が以前勤めていた会社は倒産寸前でした。

銀行が月々の返済額を減らしてくれたおかげで、持ち直しましたがそうでなければ倒産していました。奇跡的ってやつですね。

 

 電気代を急に気にする

社長自身が散々電気消し忘れたり、いれっぱなしで帰ったりしていたのに、ある日突然

”電気代もコストです。皆さんも節電を心掛けましょう。”

ですって。

 

こういう文章が一番頭にくるんですよねぇ。

僕も散々電気の無駄遣いをしてきたけど、電気代ってバカにならないので節電してください。よろしくお願いいたします。

って言え。

 

確かに日本の電気料金の高さは異常で、利権が絡んでいるので改善される見込みも全然ないんですが、電気代を節約したら黒字になるのですか?

そんなレベルじゃない赤字なのでしょう(笑)

 

うちの社長だけじゃなく、潰れる会社って急に節電!!節電!!って言うらしいですよ。夏・冬の電気代がものすごくかかる時期は別として、変な時期に節電って言いだしたら注意した方がいいです。

 

因みに私の社長は春ごろ急に騒ぎ始めました。

 

常にイライラしている

そりゃぁ、倒産寸前なんですから心穏やかには過ごせませんなぁ。

 

私の社長が一番酷かった事件は

自分で契約書にサインして、捺印しているにも関わらず、その担当者があいさつに来た際、”僕はこんな人知らない!!僕のサインだけど知らない!!”

と、大激怒してその担当者を追い返してしまったんですねぇ。

 

やばいでしょ(笑)

僕のサインだけど知らないが通用しちゃうんだったらね、この世に契約というものはなくなりますよ。

 

会社にいない時間が増える

これはよく言われる話ですよね。

金策に走るので、社長は会社をよく空けるようになる。

お客さんがいないので、心おきなく会社を留守にします。

 

私の社長も、留守が増えました。

このまま会社にいても、お金が入ってくるわけじゃないので外へ出る。

当然と言えば当然ですね。

 

迷案を思いつくようになる

倒産するという、不安と恐怖で脳みそがおかしくなってしまうのか。

いやいや、こんなところに広告だしたって客なんか増えない、ってところに広告を出したがる。しかも100万も出してって言うんだから、社員はドン引きです。

 

いくら節約になるかわからない電気代はケチるのに、100万もする広告費は出す。

意味不明です。お金がないのにそんなことしている暇はないでしょう。

0円でできる秘策を考えなきゃいけない。

 

情に訴えてくる

お給料を減らすよって話の際に、

”僕だって今月も無給なんだ!!”って言ってきたんですね。

こういうのセリフで、情にほだされてはいけません。

 

経営者というのは、倒産というリスクを背負っていると同時に、色々なものを経費にできるって利点もあります。大体、普通のサラリーマンが1カ月タダ働きってなった場合は、生活できません。住宅ローンなんて払っていたら、更に無理。

 

高級賃貸マンションに住んで、生活レベルを下げずに生活できるってことは、それだけ余裕があるってことです。

 

私たち雇われる側は、色々なものを経費にできない。

これはこれで大変なんですよ!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。あくまで一例です。全員が全員倒産するってわけではないです。現に、社長もこの時は持ち直しましたし。あまり不安がらないようお願いいたします。

 

何事も原因があり、結果があります。

あなたの社長・上司の言動を注意深く観察してみてください。

絶対にヒントが隠されています。

 


週刊ダイヤモンド 2019年 6/22 号 [雑誌] (最新版 倒産危険度ランキング)

 


なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則 [ 日経トップリーダー ]