だめもとでやってみました。

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

日本人は生産性が低い?だって成果重視じゃないから。

f:id:damemotoko:20190328174432j:plain

日本人の労働生産性が低いことは有名ですよね。

先進国で最下位だそうです。

我々日本人は精一杯働いているのに悲しいですね。

 

 

実際にあった怖い話。日本は成果主義じゃなく時間主義

以前、単発でいったバイトの話。

作業が終わって、次の仕事を聞きに行くと、何やら困っている様子。

どうしようかな、どうしようかなって(笑)

 

んで、ガムテープを切って紙に張り付ける作業を言い渡されました。

2時間くらい。その作業をやりましたよ。

粘着度が高いガムテープで、皮膚の皮がむけてしまいました。

 

そして、翌日・・・

またそのバイトに入ったんですね。

んで、ゴミを捨てるように言われたので、ゴミ捨て場へ。

 

そして、見てしまったんですよ。

ゴミ箱の中に、昨日手の皮がめくれながらも、つくったガムテープ紙

 

OH!NO~

捨てるなら何でそんなことやらせるのか。紙とガムテープの無駄です。

 

終わったのなら帰らせてくれたらいいじゃない。

時間で縛っているからこういうことになるんですね。

成果主義ならこうはならない。

 

時間で縛るとどうなるのか

以前働いていた仕事でもそうでした。

細胞培養といっても、製造業ですので、早く終わったり、遅く終わったり

って色々なんですね。

 

で、早く終わったところで帰れない。

どうするか

だらだらと仕事するんです。

ほんとは6時間で終わる仕事も、だらだら仕事して8時間かける。

そりゃぁ、生産性が下がります。

 

労働者も悪い

以前働いていたところは、フレックス制を採用していました。

フレックス制とは月で働く時間は決まっていますが、ある程度個人で時間の調整ができるシステムです。

早く帰れるときは早く帰宅し、残業の時はしっかり働く。

そうすることによって、残業代を減らすのが目的です。

 

以前働いていた会社も一応、培養士の仕事について配慮があったみたいです。

ですが、廃止になりました。

 

培養士側が悪用したんですね。全員ではないですけど、悪い人はいるもんです。

具体的にいうと、

暇なときに早く帰らないで、残業し。

忙しい時には用事を作ってさっさと帰る。

 

忙しいのに残った培養士で作業をしないといけないので、結果残ったみんな残業。

 

会社側も全然、残業代が減らない、というか逆に増える。メリットがないので廃止になりました。

 

日本社会じゃ仕方がない。だって・・・

日本は超高齢化社会と言われていますね。おじいさんとおばあさんが多くて若者が少ない。

生産性が下がるのは仕方のない事じゃないですか?

 

私も20代の時と30代の今を比べると、やっぱり生産性が落ちています。

そりゃぁ、20代の時と比べて太ったし、細胞レベルで齢をとりましたから(笑)

仕方がない事です。

 

時間重視じゃないところもある

先に述べた例はひどいところですが、そうじゃないところもあります。

終わったから早く帰っていいよ~って。

 

やることなにのに、だらだらといても場所と酸素の無駄です(笑)

 

他の企業でもこういったところが増えると生産性が上がるのではないでしょうか。

f:id:damemotoko:20190328174221j:plain

 

頑張れ!!日本