だめもとでやってみました。

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

これからは情報を捨てる時代

f:id:damemotoko:20190416105929j:plain

情報ジプシーっていうのがいて、

あの人はこう言ってる!!でも、こっちの人はこう言ってる!!

って旅に出たまま帰ってこれない人がいます。

 

どちらかを捨てて、行動してみるしかないんです。

外れ値は不幸

f:id:damemotoko:20190416111314j:plain

↑統計的考え方に正規分布っていう考え方がある。

 

情報というものが正規分布しているか、していないかについては知りません。

あくまでたとえ話。

 

赤い線より内側→よくよくおこる

赤い線より外側→めったにおこらない

 

心理学者の植木先生がテレビで”外れ値は不幸”って言っていましたが、納得です。

絶対音感を持っている人っていますよね。何%いるのかしりませんが、みんな持っている能力じゃないし、人数も少ないです。

 

絶対音感をもっている人→赤い線より外側の人

絶対音感をもっていない人→赤い線より内側の人

 

ってことです。

大部分の人は絶対音感をもっていないので、絶対音感を持つ人の、日常生活の大変さは到底理解できません。

外れ値って大変!!

 

口コミって統計使えないから厄介

食べログとかで、接客がひどいって評価と接客がいいって評価があったとすると

そのどちらとも、たまたまなのか頻繁にあることなのかがわかりませんよね。

食べログ側が任意的に掲載しているのもあって、チンプンカンプンです。

 

なので、私は食べログ見ません。

役に立たないから。グーグルの評価を採用しています。

 

それで、食べログだけじゃわかんないっていって、

他の人は何て言っているの~って感じで

食べログじゃないサイトまで訪れ始めて、結局わけわかんないってなって、行きもしないで終了です。

これ時間の無駄じゃないですか?

 

上の例って、何も選択・決定していないんです。

だからほとぼりが冷めてしばらく経つと、またその店の情報散策始めるんです。

 

嘘じゃないなら、どちらもありうる

食べログの例でいうと、

嘘の情報でないという前提ですが、接客が悪いこともあるし、接客がいいこともある

ってことですよね~

 

その時の込み具合だったり、良いスタッフさんの出勤日だったり・・・

もうこれって運ですよね。

 

食べログ程度だったら、うじうじ悩んでないで実際行ってみた方が早いですね。

高額商品では、そうはいきませんが

 

情報は捨てて、行動へ

斉藤一人さんが”この星は行動の星”っておっしゃっていましたね。

とりあえず、行動してみないことには何も始まらないんです。

失敗も成功も。

 

情報収集はほどほどにして、選択・決定を。

そして行動したら反省を。

 

でないと、100年ぼーっとつったているのと変わりません。

 

f:id:damemotoko:20190416120042j:plain

 


すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法