だめもとでやってみました。

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

同調圧力の国、日本。若者は屈してはいけない。

f:id:damemotoko:20190428021248j:plain

日本は同調圧力の強い国です。

いじめ方も独特。

海外だと暴力とか単純ないじめなんだけど、日本だと無視、陰口、仲間外れ。陰湿なやり方です。これは同調圧力がなせる技だと思っています。

 

私は、小さいころから変わっているとか変だ、おかしいって言われてきた人間なので、この同調圧力大嫌いなんですよ。みんながやっているからといってやりたくない。

自分の好きなことをしたい。ただそれだけ。

 

なのに、昔からやっている伝統だ。みんなやっている。って言われて強制されるのがもう苦痛で(笑)

 

清水富美加こと千限美子

女優 清水富美加の事務所問題が何年か前にありましたよね。

誰が悪い、とかそういう具体的なことについては触れませんよ(笑)

色々厄介なので。

 

ただ、MCだかコメンテーターの坂上忍が、言った言葉は同調圧力なんじゃないか?って思いました。

 

”俺らが若いころは、月収5万円でやってたよ。”

 

ってな内容をテレビで話してたんですけどね、だから何?って私は思うわけです。

本人が、月5万で、今の待遇が辛いっていっているなら辛いんですよ。

もっというなら、

 

坂上忍が若い頃貰ってた給料5万円は今の大卒初任給くらいなんだそうです。

それって、清水富美加と話が全然違う(笑)

 

月曜から夜更かしでやっていた、伝統イベント

月曜から夜更かしで放送されていた伝統イベントの話。

なんか、真冬なのに若い男子高校生に、冷水を浴びせてそれを数時間おきに繰り返す。

っていう狂気のイベント

 

本人志願のイベントなんですが、

やっぱり過酷すぎて、リタイア希望する子がいたんですね。

でも、OBはそれを許さず。俺が若い頃はもっと厳しかったって。

 

知らねーよ。って話です。

頭の中で美化されているだけかもしれませんし、そもそもそれを証明しようがない。

というか、死んだらどーするの?って思います。

本人が一生懸命やったらそれでいいんです。リタイアしてもいい。死んだら再挑戦はできません。

 

私もうけた、同調圧力

ネット業者の話です。

他所のところから自分のところに、乗り換えさせたかったみたいなんですね。

んで、

マンションだと、みんなで枠の奪い合いになるから、速度が遅くなる。うちのところに乗り換えたらそういう心配がなくなる

って言ってきました。

 

私、手続面倒なのが嫌なんで、結構です。って断ったんですね。

そしたら、食い下がってきて、

皆のりかえるっていってますよ。本当にいいんですか?

って(笑)。

 

皆乗り換えるのなら、私一人で今現在の枠が使えるってことですよね?むしろそっちの方が嬉しいので乗り換えません。

と、答えたら。無言で帰っていきましたよ(笑)

 

適当な事を言うなって話です。

 

余命じいの裁判

ネットというのは怖いもので、いっぱい書き込みがあると大衆の総意って思っちゃいますよね。

余命3年時事日記というブログ主が弁護士を訴えようと、読者に呼び掛けた事件がありました。

 

その署名数、なんと!!数万です。

弁護士の方も怒って、逆告訴。ですが、逆に訴えられた人って数百人。

その数百人が、幾人にもなりすまして、署名してたってことじゃないですか?

数万の署名なんて嘘っぱちだったってことです。

 

ツイッターでもbotとみられる書き込みがチラホラ確認されています。

騙されないように注意してください。

 

我慢してはいけない

仏教の言葉に、我慢してはいけないって教えがあるそうです。

意外ですよね。でも本当です。

 

我満とは、ここに我ありと驕り高ぶる心のこと。

私たちも我慢してきたのだから、あなたも我慢しなさい、

これが驕り高ぶりです。

 

我満の先には我満しかありません。

疲れてしまいますよね。

まとめ

日本国民のほぼ全員が、同調圧力を受けてきたのではないでしょうか?

圧力かけて、かけられて。私は正直疲れました(笑)

だから、今は好き・嫌いで生きています。その方がよっぽど疲れない。

 

私のように疲れてしまった人がいるのなら、試してみてください。

”好き・嫌い”

あなたをしがらみから解放してくれる魔法です。