だめもとでやってみました。

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

この問題が解けるかな?

f:id:damemotoko:20190615152814j:plain

 

早速ですが、

以下の問題が解けますか?

 

Q.小学5年生の太郎君は鉄棒にぶら下がっています。以下の絵についておかしいと思うことを書きなさい。

 

f:id:damemotoko:20190615154750j:plain

 

これ、私が小学3年生、初めての理科のテストで出た問題。確かこんな感じだったと思う。

で、答えは書きません。大人なら余裕でしょ。

 

でも頭の悪い小学3年生の私、一生懸命考えました。で、ついに答えにたどり着きました。

 

A.小学5年生の太郎君が、日が沈むくらいの長時間、鉄棒にぶら下がっていられるわけがない。

 

太陽に注目しているし、太郎君の体力まで気にしていて優しいじゃないですか(笑)

△くらい欲しかったんですが、×をもらいましたよ(笑)

 

で、初めての理科のテストで60点取ってしまいました。

私、その時まで80点以下をとったことがないので、まぁショック。

 

そして、その答案を持って帰ると案の定、お母さんが大激怒!!

こんな点数をとって、みっともない。恥ずかしいと思わないの!!と散々怒られました。

 

そこから私、頑張りました。

リトマス試験紙赤→青がアルカリ性とかね。一生懸命暗記しました。

子供ながらにこんな知識いらねーってわかっていたんです。

 

だって、お父さんもお母さんも、お兄ちゃんですら、リトマス試験紙で何かやってるの見たことないですもん。

それでも一生懸命覚えました。

 

で、次の試験でリベンジ達成!!98点とりました!!努力って報われるんですねぇ。

その答案を持って帰って母親に見せました。

”なぁんだ、100点じゃないのか”

ですって。

 

これ、本当に傷つきます。

世のお父さん、お母さん、こういうことは絶対に言わないでください。

お子さんが可哀想ですよ。解けない問題が解けるようになる。それだけで、素晴らしいじゃないですか。

 

友達が保育士で、やばい親の話を色々聞きます。

もう2歳児なのに、褒めてって感じで、いちいち私を呼ぶのがうざい!!

ていう母親がいるそうです。

 

もう、じゃなくて、まだね。

お母さんに褒めてもらいたいって感覚は普通じゃないですか。

2歳児でもう母親に褒めてもらえないってなったら、誰に褒めてもらえばいいのでしょうか・・・。

 

このお母さん、毎日困ってます。

何か一つできるようになっても、こんなんじゃ困る。

”もっとできるようになってもらわないと困る”って

 

何も暴力をふるうことだけが虐待だと思いませんよ。

このお母さん、見えないパンチで、子供のハートをアッパーパンチしています。

蛙の子は蛙です。過剰の期待は可哀想ですよ。


0・1・2歳児のかんたん製作あそび12か月 子どもの発達に合わせて使える! (ナツメ社保育シリーズ) [ 町田里美 ]

 


知育玩具 おもちゃ 出産祝い 誕生日プレゼント 型はめパズル パズル 積み木 つみき 積木 追視 音 キッズ 子供 ベビー 幼児 1歳児 2歳児 男の子 女の子 セット 赤ちゃん 木製 クリスマス 誕生日 ギフト お祝い edu14