だめもとでやってみました。

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

とんびは鷹を生まない

f:id:damemotoko:20190620121745j:plain

 

とんびが鷹をうむってことわざがありますよね。

普通の親から、まれに超優秀な子どもがうまれるっていう奴です。

でも、私、この言葉大嫌いなんですよ。

 

親が過剰な期待を子供に押し付けるから。

私も嫌な思いをしました。

誰しもが経験したことがあるんじゃないですかね。

 

 結局、感謝してほしいのか?

私の母親は、私の幼少の頃から、良い職につけ、弁護士になれ、薬剤師になれ、医者になれって言ってきました。

上記職業は、大変やりがいのある素晴らしい職業だと思いますが、

私は嫌なんです。楽しくないんです。んで、嫌々やってなれる職業でもありません。

 

事あるごとに、こういうことばっかり言ってきて

私も、もううんざりしました。そこで言い返してやりましたよ。

 

”誰の子だと思っとんねん。カエルの子はカエルじゃい。”

 

すると、母

”親が子供に期待するのは、当たり前のことだ!!

期待されていることに感謝して、頑張りなさい”

 

減らず口ですよね。

最終的には、感謝しろと押しつけがましいこと言われましたよ。

自分でなりゃいいんですよ。自分の夢は自分で叶えてください。

嫌がる子供に親の夢を押し付けるのは虐待です。

 

シャラポワの父

シャラポワを知っていますか?

世界屈指のテニスプレーヤーです。

彼女自身に、素晴らしい才能があることは事実ですが、彼女が世界的トッププレーヤーになるのに欠かせなかった存在が、彼女の父ユーリです。

 

彼は娘に才能があることを信じ、

自分自身でもたくさん勉強して、たくさんのお金をかけました。

家まで売ったんじゃなかったのかな。確か。

 

そして、その当時入手困難だったビザを手に入れ、娘のためにアメリカに移住します。

 

父親が娘の才能なんてまるで信じていない人だったら?

父親がそんなお金ないよって言って、一銭も出さない人だったら?

父親がろくに勉強しないで、悪いコーチをつけてしまったら?

 

彼女は、世界に名をはせるトッププレーヤーになっていなかったかもしれません。

そもそも、テニスなんて途中で辞めていたかもしれません。

 

まとめ

繰り返しますが、とんびが鷹を生むってことわざは大嫌いです。

シャラポワの父、ユーリにテニスの才能があるのかないのかはわかりません。

ですが、父ユーリは素晴らしい才能を持っています。

 

それは自分の娘を信じ、応援する能力です。

そして、その期待に応え、自分の夢を叶えたシャラポワも凄い人です。

 

とんびは鷹を生みません。カエルの子はカエルです。


生物学の基礎はことわざにあり カエルの子はカエル?トンビがタカを生む? (岩波ジュニア新書) [ 杉本正信 ]

 


蛙の子は蛙の子 (ちくま文庫) [ 阿川弘之 ]