だめもとでやってみました。

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

ー銀ニ貫ーこの本が面白いシリーズ①

f:id:damemotoko:20190711124439j:plain

本は面白い!!

私は普段は自己啓発本とか、その他の解説書とかを読むので

小説とかは読まない。

 

でも、この本はちっちが勧めてくれた本です。

実際読んでみたら、とまらなくなり、一日で読み終えてしまった。

 

 銀二貫の設定

安永7年睦月から物語はスタートします。

時代は江戸時代です。

 

主人公は寒天問屋で働きます。

ずっと、ずっと寒天のお話です(笑)

でも、寒天のお話なのに、すごい面白い。

 

高田郁のすごさでしょうね。

 

銀二貫の面白さ

ただ寒天のお話なのですが、

寒天への情熱がいいのです。

 

あとは、江戸時代という時代設定もいいです。

私たちが当たり前にすごしている日常も江戸時代では一大事

 

今は火災がおきても、消防車が超っ特急で駆けつけてくれますよね。

でも、江戸時代に火消しはいましたが、車もありませんし、水を引っ張るポンプもない。タンクもない。あったとしても少量ぐらいしか貯めておけない。

 

だからあのころの火事って、町全体が消失するかもしれない大災害だったんです。

そういうのを作中で読んでいると、本当に時代はよくなったんだなぁ、としみじみしてしまいますね。

 

料理描写

私、寒天べつに好きじゃありません。

というかほとんど食べないかな。

でも、この本を読んでいると、寒天を食べたくなっちゃいます(笑)

 

そのくらい、おいしそうに描く。

写真もないのに、文章表現だけで描くからすごいですよね。

 

高田郁の作品で、みおつくし料理帖というのがあります。

これは長編作品です。

主人公みおの料理と恋愛と友情と世間、みおの一生を描いたお話です。

 

これもまた、おいしそうに表現するんだなぁ。よだれが出ちゃう(笑)

あと、恋愛物語も入っています。

 

”女房殿にならぬか?”

ズキューーーーん!!こりゃやられますわ(笑)

私関係ないのに、胸がどきどきしてしまいました。

 

関連作品

高田郁の銀二貫とみおつくし料理帖は、テレビドラマ化されています。

www.nhk.or.jp

 

www.nhk.or.jp

でもね。やっぱり本が面白いですよ!!!

当たり前ですけどね。

 

実写化されてよかった~ってものありましたか?

ハリーポッターだってそうです。原作読んでない人は、映画見て面白いって言ってましたけど、いやいやいや本で読んだ方がもっと面白いから!!!

 

本に勝るものはありませんね。

まとめ

高田郁作品は本当に面白いです。

みおつくし料理帖は、長編で読むのが大変かもしれませんが、銀二貫はさらりと読めます。

おすすめですよ


銀二貫/高田郁【1000円以上送料無料】

 

 

f:id:damemotoko:20190711132246j:plain

みをつくし料理帖全巻セット(12冊セット) (時代小説文庫) [ 高田郁 ]