だめもと

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

【無脳のすすめ】馬鹿と天才は紙一重だが、凡人と天才は紙何十枚分もの差がある

最近、馬鹿の方が幸せに暮らせるんじゃなかって思うんですよね。

 


www.youtube.com

上の動画の要約すると

 

IQ228のマリリン・ボス・サヴァントの話をしていて

モンティ・ホール問題という直観力否定に使われる問題があるそうです。

 

3枚カードがあり、1枚だけ当たりが入っています。

 

あなたが1枚カードを選ぶと

出題者が敢えて外れのカードを教えてくれます。

 

さぁ、あなたは最初選んだカードのままでいきますか?

それとも別のカードに変えますか?

 

というのがモンティ・ホール問題だそうです。

 

マリリン・ボス・サヴァントは一瞬で答えを言いました。

それは、カードを変えた方がいい

という答えだったのですが、

 

その当時の数学者は猛反論

女に確率が分かるはずがない、だの

論理的でない否定をいっぱいされたそうです。

 

結局、その後

数学的にもカードを変えた方が当たる確率が高いというのが分かったそうが、

皆さんはどちらを選びましたか?

 

私は勿論カードを変えるですよ(笑)

なんでかって、折角カード変えるかどうか聞いてくれたのに断ったら悪いでしょ~(笑)

はい。馬鹿のすすめ。

 

天才はAからDに行くそうです。

凡人はA→B→C→Dと順々にいかなければDにたどり着けません。

 

途中のBやCで断念するかもしれません。

馬鹿や無能はサッとAからD"に行きます。

 

紙一重しか差がないならもう、ほぼほぼ天才でしょう(笑)

 

今から凡人→天才は難しいですが、

凡人→無脳なら出来そうじゃないですか。

 

あなたはスクロールして現れるインスタの画像が何か言い当てられますか?

 

ちっち(家族)は

ぼーっとしながら何も考えず惰性でインスタスクロールしていたそうな。

すると、頭に急に

コジコジ


f:id:damemotoko:20221209195208j:image

が浮かんできたそうです。

 

何で急にコジコジ⁉️

と思いながらスクロールしたら・・・

 

コジコジ!!

 

現代人は脳を使いすぎているそうです。

平安時代一生分の情報量を1日で処理しているそうですよ。

 

LETS 無脳

ぼーっとするのもおすすめですよ。