だめもと

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

【逆に危険?】ワクチン接種者がコロナスプレッダーになってしまうかもしれない件

f:id:damemotoko:20210616084043j:plain

今日は、コロナワクチン接種者が逆にコロナを広めてしまっているかもしれない件についてのお話しです。

 

ワクチン打って安心してヒャッハーしちゃうからやろ?

ってそんなメンタルで左右される話じゃありません!!!(笑)

 

今回は、どうしてワクチン接種者がコロナスプレッダーになるかご説明します。

 

そもそもコロナワクチンってどんな奴だったっけ?

そもそもコロナワクチンの仕組みってどういう仕組みか覚えていますか?

 

★コロナは人間の細胞に足場を作って侵入する

★その足場がスパイクたんぱく

 

というのがまず前提ですので覚えていてください。

 

で、その足場に対して、抗体を作れば

コロナが細胞にくっつくことができなくなるので感染予防になるんじゃないか、

というのがこのワクチンの仕組みです。

 

コロナのmRNA(抗原)を体内に入れる

mRNAを取り込んだ自分の細胞がスパイクたんぱく質を生成する

スパイクたんぱく質に対して抗体ができる

コロナの予防につながる

 

で、ここで疑問がでてきます。

 

★抗体を作るために生成されたスパイクたんぱく質はどうなるの~?

mRNA肯定派がいうには、

2週間でスパイクたんぱく質なくなるよ~

 

RNA


スパイクタンパク質

2週間で消滅

 

1回こっきりで終わり

 

って言ってるんですね。

 

で、否定派の意見としては、逆転写があるじゃん!!!!

 

DNA※

↓↑

RNA

スパイクタンパク質

半永久機関誕生

※逆転写により最初に戻る

 

RNAからDNAが作られちゃうっていうね

1回こっきりでは終わらず、永遠にスパイクたんぱく質がつくられる

半永久機関になってしまうのではないか?

 

mRNAワクチン開発者ロバート・マーロンの衝撃の告白

mRNAワクチン開発者のロバート・マーロン博士という方が衝撃の告白をしています。

 

ワクチン接種をして5か月たった被験者の血液をしらべてみたら、スパイクたんぱく質が確認されました・・・

しかも被験者全員です。

 

\(^o^)/オワタ

 

つまり、反ワクチン派の主張通り、逆転写がおきていて

半永久的にスパイクたんぱく質がつくられていることを証明してしまったのかもしれないんですよね。

 

体内で作られ続けるスパイクたんぱく質はどこへ行く?

 

体内で作られたスパイクたんぱく質はどこに行く?

 

mRNAワクチンは筋注です。

でも不思議じゃないですか?どうして筋肉に打った抗原が全身を巡るのでしょう?

細胞には、エクソソームという細胞間の連絡を行うメッセンジャー機能があります。

 

今のところ、エクソソームが肺までスパイクたんぱく質を運び、呼気で空気中にばらまいているのではないか、という説があるんですよ。

 

あとは、汗といった体液で、呼気に限らず、

人間が排出するものすべてにスパイクたんぱく質が混じっているかもしれません。

 

で、話を戻して、スパイクたんぱくとは、コロナが細胞にとりつくための足場

でしたよね。

 

これ、ワクチンを打ってない人・打てない人が、スパイクたんぱく入りの呼気を浴びたらどうなると思います?

 

コロナがとりつきやすい足場を提供するってことで、コロナにかかりやすくしてあげてるんですね~。ぎゃぁ~!!!

 

なので、

お前早くワクチン打った方がいいぞ!!!

友達がコロナになる

ほれみたことか~

 

ってなると思うんですけど、

実は、”お前早くワクチン打った方がいいぞ!!!”という吐息のせいで感染してるかもしれないんですよ~。

 

ワクチン打った俺は勝ち組?

でもワクチンを打てば、スパイクたんぱく質に対して抗体ができるので勝ち組では?

と思ってしまいますよね。

 

逆転写機能により

 

スパイクたんぱく

↓↑

抗体

 

というのを永遠に繰り返すわけで、

免疫系の異常がおきるのではないか、と言われています。

 

あと逆転写酵素で有名な例えっていうのがHIVですね。

HIVは免疫系の細胞に侵入し、逆転写酵素で自分の遺伝子を混ぜ込むんですよ。

で、HIV遺伝子と融合した自分の細胞を免疫細胞は攻撃できなくなるので野放し。

そうこうしているうちに、免疫細胞自体壊され、日和見感染!!!

 

コロナのスパイクたんぱくでこれが絶対におきないとは言い切れません。

だって、これが初めての人体実験ですからね。

 

あとは、逆転写機能によりコロナ遺伝子と融合してしまった自分の細胞に抗体が働いてしまう可能性もあるので、自己免疫疾患!!!

 

まとめ

というわけで、今回言えるのは、

5か月たってもスパイクたんぱく質は残っているってことです。

そりゃ全世界で感染者減らないわけですわ。

 

ワクチン打ってもコロナの脅威、打たなくてもコロナの脅威

どうしたらいいのよ!!!

ってなりますね。おばさんはこれしかないと思いますよ↓

www.damemotoko.com