だめもと

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

【もぅ騙されない】本当のブームと押し売りの見分け方

f:id:damemotoko:20210831073523j:plain

最近、年下の子からマリトッツォなる食べ物があると聞いて、早速食べてみたのですが・・・

これ、パンに生クリームぶち込んだだけじゃね(・・?

って思ってしまいました(笑)

 

おばさんがスーパーで買った安いマリトッツォだったからいけないのかな~

ちゃんとしたやつはもう少しイチゴだの、キュウイだのが入っているよね。

 

今日はマリトッツォの反省を活かして

本当のブームの見分け方はご紹介します。

 

意外と使えるダウ理論

皆さん、ダウ理論というのをご存じでしょうか?

ダウ理論とは、チャールズ・ダウが提唱した市場評価理論なのですが、

そのダウ理論の一つ

 

平均は相互に確認されなければならない

 

というものがあります。

文字にすると難しく感じるかもしれませんが、

簡単に言うと、

 

アマゾンが儲かっているなら、運送業者も儲かっているよね

結婚式場が盛況なら、ウェディングドレスを作っているところも盛況だよね

 

といった、そのブームに関連する業種もブームって話です。

 

去年で例えるのなら、鬼滅の刃 ですね。

映画 鬼滅の刃は歴代興行収入ナンバー1ですよ~

当面この記録は塗り替えられることはないのではないでしょうか?

 

この映画 鬼滅の刃がブームだというのなら、

その原作漫画が売れていないとおかしいんですよ。

だってあの映画って物語の最初の話ではなく、途中の話ですよ。

 

途中から見ても、ざっくりとした内容はわかると思いますよ。

でも、妹がなんで竹筒加えてるの?とか、イノシシの被り物してる人何?とか

こういう細かいことはわからないじゃないですか。

 

なので、映画がブームなら原作漫画が売れてないとおかしいですし、

アニメの視聴率が高くないとおかしい。円盤も売れていないとおかしい。

 

あの鬼滅の刃って実は子どもがよく見たアニメなんですよ。

少年ジャンプ連載で大人気と言われるようになったから、若者が見に行くようになりましたけどね。

 

なので、そのブームの対象世代が鬼滅の刃をしっていないとおかしい。

おばさん公園で休憩していた時、びっくりしたよ

 

子ども達がみんな、鬼滅の刃歌ってるの(笑)

僕を、連れてすすめ~♪

 

その前は、アナ雪だったな(笑)

子ども達みんな、ありのままの~って歌っていたわ

 

まぁ、だから

マリトッツォは違うのよ(笑)

 

本当にブームなら、対象世代が食べているのを見ているはずだもの

タピオカドリンクブームの時は、若い子みんなタピオカ持って歩いてたから(笑)

否応なしに、あのドリンクなんだろ?ってなるのよ。

 

でもマリトッツォを食べ歩きしてるの見たことないし、

どこかのレストランでデザートしておいているのも見たことない。

マリトッツォ専門店なんていうのはもちろんない。

 

これは、目新しい言葉を使って売りたい、という業者の臭いがプンプンですわ

 

一番大切なのは時節

鬼滅の刃が大ヒットになった時に現れたのは、鬼滅のアンチ

これはブームの性です。仮想通貨が流行った時も、あんなもの勢がたくさんいました。

むしろ、アンチがいないものは、批判するほどの興味もないってことですからね(笑)

 

で、鬼滅のアンチが一生懸命、内容や構成・絵を批判してもっといい作品があると言って紹介してたんですが、残念ながらそれはブームにはならない。

 

というのも、ブームになる条件に、内容は関係ないからです。

ナンバー1の作画・世界に一つだけのシナリオ・誰も思いつかなかった構成

といったナンバー1・世界初・オンリーワンは必要ないんですね。

そこらへんは、あまりに低俗じゃなきゃいい。

 

むしろ大事なのは、時節

この時節の神様に好かれずしてのブームは非常に困難。

 

鬼滅の刃の時節を思い出してみてください。

一番大きな時節といったら何でしょう?

コロナ

ですね。

 

緊急事態宣言があけ、感染者数も少なく、みんな浮かれていたあの頃です。

しかも、緊急事態宣言があけたと言っても、すべてが解禁になったわけではなかったですよね。

 

事前予約が必要だったり、セルフ自粛したままだったり、

そう、娯楽が制限されていたんですよ。

ディズニーランドなんて予約でず~と埋まってたじゃないですか

 

そんな状況で、鬼滅の刃です。

そこそこ簡単に予約ができ、家族一緒に楽しめ、お金がかかると言ってもディズニーランドほどではなく、2時間も時間が潰せる。

 

小さい子供も映画中は静か。

お父さん・お母さんはぶっちゃけ寝ててもバレないし(笑)

 

それに、原作との兼ね合いもよかった。

原作はちょうど物語の佳境にはいったところです。

 

ちょっと前に、フルーツバスケットのアニメが完結まで流れたけどね。

あれ昔からのファンが懐かしい~って言ってるのが大半だよ。

おばさんも懐かしい~、こんな話だったけか?っていいながら見てた(笑)

 

原作完結から間が空きすぎるとね。

今の子たちには、あの時代の雰囲気というか表現というのが理解できなかったり・違和感を覚えちゃったり。

 

おばさんは、めぞん一刻好きだけどさ。

流行らすの無理よね。ノスタルジーブームがきたら流行るかもしれないけどね。

 

と、いうわけで何かブームを生み出したい人は内容はそこそこに、運の神様に懇願したほうがいいし、ブームに乗っかりたい人はそのブームに関連する人・ものの盛況具合を慎重に吟味した方がいい

 

それが

おばさんがマリトッツォから学んだことだな(笑)

もう二度と買わない(笑)


チーズガーデン 御用邸チーズケーキ 濃厚 ベイクドチーズケーキ 厳選クリームチーズ 敬老の日 ギフト


フォルマ ベイクドチーズアソート 4号 直径12cm 6等分 各2ピース 6個入 御中元 暑中見舞い ギフト