だめもと

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

鬼に豆まき何故?鬼に豆まく意味は?真実をしればもう豆まけない。悲しい悲しい鬼のはなし。

今週のお題「鬼」

f:id:damemotoko:20220203092535j:plain

今日は、節分ですね。

スーパーやコンビニで大量の恵方巻が並んでいますね。

皆さんの家では、豆まきしますか?

 

我が家はしません。家掃除するのが面倒だし、犬が誤飲したら嫌なので。

あともう一つの理由をこれからお話します。。

 

今日は悲しい悲しい鬼の話です。

鬼に豆まき何故?鬼に豆まく意味は?

皆さん、一度くらいは豆まきしたことがあると思います。

 福はうち、鬼はそと~

この掛け声のもと、鬼に扮した家族や学校の先生に豆を投げつけ、

福はうち~といって外にまく。

そして、死んだ魚の目をして大人が後片付けをする・・・

 

これをやると、鬼が来ず家に福がくるから

という理由だけでやっていますが、その由来をご存じでしょうか?

 

もともとは、中国から伝来した考え方で

病気や悪いことは、鬼の仕業だと考えられていたようです。

魔を滅する魔滅まめ

ダジャレみたいで面白いですね~。

 

要は、中国から渡来した考え方であり、伝統ということです。

 

その証拠に、鬼=魔とは思っていない地域があるんです!!!

 

”福はうち~、鬼はうち~”

という掛け声をするそうですよ~

 

群馬県藤岡市鬼石地区

宮城県村田町

などなど。

 

その他、鬼を祀っていたり、鬼にまつわる良い言い伝えがある社寺も、”鬼は外”

を使わないようです。

悪魔そと~

って言ったりするみたいですよ。

 

同じ日本ですが鬼のとらえ方が違うのが面白いですね。

 

日月神示でいう鬼とは?

みなさん、日月神示という書物をご存じですか?

日本人の未来を記したり、あるべき姿をといた書物で、日本の預言書と言われています。

 

日月神示については、また今度詳しく書きますが、

その日月神示は、節分が大事である、と所々に記載されています。

 

どうして、節分が大事なのか?

それは国常立尊神(くにたちのみこと)が活動を開始するときだからです。

今の日本でいうところの、A HAPPY NEW YARE

なんですね。

 

日本も今では、新暦を使っていますが、昔は旧暦を使っていたので、おかしい話ではないです。

 

国常立尊神(くにたちのみこと)って何?

国常立尊神(くにたちのみこと)を知らない人のためにご紹介。

神様のもとのもとの神様、大神様ですよ。

すごい神様ですよ。

 

アマテラス、スサノオ、ツクヨミ、イザナギ・イザナミ

といった神様はご存じだと思います。

 

これらの神様の大本となる神様で日本創生の神です。

 

国常立尊神(くにたちのみこと)

伊邪那岐・伊邪那美(夫婦神)

日本列島をつくる。神様も産む

伊邪那美(妻)が死んでしまう

伊邪那岐(夫)、妻に会いたくて黄泉の国まで行ってしまう。

死後の妻と再会、妻の体が腐っているのを見てドン引き。

慌てて逃げかえる。

妻大激怒、黄泉の国を閉ざしてしまう。

夫、汚かったわ~穢れ落とそう♪と入浴

その穢れから、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの3神誕生

 

これがざっくりとした神様の話です。

決して、うちは一族の技名じゃないぞ(笑)

 

話を戻して、日月神示でいう鬼って誰?って

国常立尊神(くにたちのみこと)

の事なんですよ~。

 

え~嘘だぁ!!!

と思うかもしれませんね。

 

国常立尊神(くにたちのみこと)の別名は艮(うしとら)の金神(こんじん)

 

陰陽道では、金神(こんじん)は祟り神という意味です。

うしとらといったら、丑寅で鬼門ですね。

はい。陰陽道とはどこの国の考え方でしょうか。

中国ですね!!!

 

誰が国常立尊神(くにたちのみこと)を悪者にしたの?

じゃあ、誰が大神様を悪者にしたのかって話なんですが、

悪神という人も言えば、神を疎んじた人間という人もいます。

 

平安時代といえば、陰陽師ですね。

先程にも、書いたように艮(うしとら)を鬼門と考えるのが陰陽道ですし。

陰陽道が伝わる前までは、鬼と人間は仲よく一緒に歩いていたらしいですよ~(笑)

 

それに、平安京といえば、藤原氏ですよね。

この藤原氏=秦氏と言われていて、秦氏というのは中国大陸から渡ってきた民族です。

 

私たち日本人は、中国大陸からやってきた何者かに、日本大神である国常立尊神(くにたちのみこと)を悪い鬼だと思い込まされ、1000年以上経った今でも信じ込んでいるといったところでしょうか。

 

ちなみに、豆まきで煎った豆をまきますよね。

あれは、この豆から芽が出るまで、出てくんな!!!という意味だそうです。

煎った豆からは芽がでない=永遠に出てくんな

 

という陰湿な意味が込められてるそうですよ。

 

というわけで、誰が日本の神様を貶めたのかと言えば、

日本古来の神様を捨て、渡来してきた新しい考えに飛びついた古来の日本人ということになりますかねぇ~。

まとめ

鬼の正体を知ってしまったらできないじゃない(笑)

豆をまくときにちらっと頭よぎるじゃない。可哀想じゃない。

これが豆まきをやめた理由のひとつです。

あとは、本当に部屋が汚れるので嫌!!!!片付けだるい!!!

 

他にも、鬼とは多神教のことで、日本人のことだ、という方もいます。

それが本当であるならば、鬼を退治するあのアニメって・・・

 

鬼が退治されるのを喜々とする日本人はあまりに滑稽かもしれませんね。


【日月神示】ミロク世の羅針盤


一二三(一) 現代語版「日月神示」