だめもと

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

ペット保険にオススメはあるのか?ペット保険について考える⑬(ラスト!!)

f:id:damemotoko:20190812215315j:plain

今回は、ipet保険について詳しく書いていきたいと思います。

このipet保険、現在我が家で加入している保険です。

 

我が家のはっちゃんが、病弱でしょっちゅう病気をします。

んで、その度に免責金額が引かれて・・・

それがストレスでペット保険について考えるシリーズがうまれました。

もっといい保険はないものか、免責金額や支払い上限で騙される人を減らしたい。

 

12保険も調べていくと、ここはipet保険の方がましだな、とか

やっぱり免責金額ない方がいいなぁ、とか色々思うことができました。

 

今回でシリーズ最後です。

ipet保険について詳しく書いていきたいと思います。

13歳まで生きた場合の保険料はこのくらい

我が家はうちの子プランに加入しています。

理由は、その方が補償が手厚いからです。

↓このページに犬の犬種や保険料がすべてのってます。詳しく知りたい方は、ことらをご確認ください。

www.ipet-ins.com

f:id:damemotoko:20190812215419j:plain

f:id:damemotoko:20190812215521j:plain

f:id:damemotoko:20190812215657j:plain

中型犬の平均寿命13歳まで生きた場合として考えています。

その場合の保険料が↓

 

月払い・・・980,880円

年払い・・・952,280円

 

高っ!!

 

この額を払う価値があるのか、更に調べていきたいと思います。

補償内容を確認しよう

f:id:damemotoko:20190812215817j:plain

f:id:damemotoko:20190812215851j:plain

 

通院補償・・・12,000円/日 年間22日まで=合計240,000円
入院補償・・・30,000円/日 年間22日まで=合計660,000円

手術補償・・・150,000円/回 年2回まで=合計300,000円

年間保証限度額・・122.4万円

 

中々、頑張っている方だとは思いますが!!

通院補償が低いです。

我が家がそれで、どんだけ泣きをみたことか・・・

具体例で考えてみよう

意外と多い、ペットの誤飲です。 今回異物誤飲で、38万円かかったとします。

ipet保険が入院1回いくら、とか決まっているので、細かく設定したいと思います。

治療(検査・手術・入院・薬) 手術1回20万入院5日(3万/日)で、 35万 です。

通院3回 3万 かかったとします。

 

支払われる保険金額はいくらになるでしょうか?

まず、手術の上限金は15万で、入院が1日3万まで、通院が1日1万2千円です。

 

手術代・・・14万

入院費・・・10万5千円

通院・・・・2万1千円

26万6千円です。

 

我が家は、幸運なことに、大きな手術やケガをしたことがありません。

ただ地味に通院を重ねています。通院の限度額が低いので、戻ってくるお金が少ないこともしばしばです。

 

手術・入院に関しては中々手厚い方だと思います。

待機期間を確認しよう

f:id:damemotoko:20190812220018j:plain

少しわかりづらいですが、早く保証をしてほしいのなら、クレジットカード払いがおすすめです。口座振替だと補償は遅くなります。

クレジットカードの場合は申し込み日の翌月同じ日だと思ってください。

 

保険金の支払い期限は?

提携動物病院にかかると、治療費は差額分だけで済みます。

↓詳しくは下記URLでご確認ください。

www.ipetclub.jp

大手どうぶつ健保さんよりは、提携動物病院が少ないと思いますが、

結構対応している動物病院は多いです。

 

私は、書類による保険金請求もしましたが、大体30日以内で支払われていると思います。

f:id:damemotoko:20190629220850j:plain

保険金が支払われないケースを確認

www.ipet-ins.com

詳しくは、↑上記URLでご確認ください。

パテラも補償対象です。この保険に入った後に我が家のはっちゃんがパテラと診断されて・・・

すごくほっとしました(笑)

ipet保険ならではなこと

・ペット賠償責任特約

他のペット保険でもついているところがあります。

我が家はももが興奮しやすいのでつけてますよ。

何が起こるかわからないですからね。

・多頭割

ももとはっちゃんが加入しているので、多頭割適用になっています。2頭目が2%割引きになります。

保険にやっては、3頭目から適用ってところもあるので、良心的な方じゃないですかね。

 

・無事故継続割

我が家のももが健康体なので、この割引きが適応されています。

今年はもーちゃんも病気したから来年は適応されないけど、ないよりあった方がましです。5%割引きになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

こうやって自分で調べてみると、意外とipetも悪くないなって思えてきました。

ももだけなら、ペットプラス保険に乗り換えてもいいんだけど、多頭割引き適用外になっちゃうし、悩ましい限りです。

 

今のところ、はっちゃん、もーちゃんも若いからトラブルが起きていないんですが、

 

f:id:damemotoko:20190812220417j:plain

↑赤枠の部分が非常に怖いんです。

うちのももやはっちゃんが高齢になって13歳になった時にどーんと保険料が上がったり、急にはっちゃんの持病が適用外になったりするんじゃないのか、という恐怖があります。

 

上記表現があるし、契約書にも記載があるのでこちらではどうしようもありません。保険会社のいい値になってしまいます。

 

もしそういうことになったら、全力で事実のみを記載しますよ~(笑)