だめもと

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

勝手にペット保険ランキング★

f:id:damemotoko:20190914144846j:plain
 

ペット保険について考えるシリーズ13弾まで記事にしましたが、

じゃあどこがいいのよ!!って話になりますよね。

 

なので、ペット保険ランキングにしてみました。

あくまで私が勝手に選ぶペット保険ランキングです。

 

今までのおさらい

とりあえず、今までのペット保険の記事をエクセルにしてしまいました。

結局のところ、皆、保険料といくらお金が戻ってくるのかって話になると思います。

 

まとめたのがコチラ↓

f:id:damemotoko:20190706171746j:plain

これは、各々の保険プランの一番グレードの高い保険で考えています。

保険料は0歳から13歳まで生きた場合として考えてます。(月額の場合)

返ってくる保険料は、誤飲で38万治療費がかかった場合で考えてます。

 

その他、限度額といった考えがあるんですが・・・

1回のけが、病気で100万を超えるって稀だと思います。

イレギュラー。

一般的には、病気・けがをして通院・手術をして返ってくるお金というのを皆さん気にしていますよね。特殊な疾病がある子とかは、今回は考えていません。

詳しいペット保険の限度額は、ペット保険について考えるシリーズをご覧ください。

 

見方としては、

①保険料を見てください。

例えば、どうぶつ健保の保険料を見てください。

131万と高額ですね。

 

②次に、保険金と治療費の割合いを見てください。

 

これは、返ってきた保険金÷実際にかかった治療費の割合です。

このパーセンテージが低いほど、返ってくる保険金が少ないということです。

では、どうぶつ健保はどうでしょう。

60.79%

で低いですね。

 

③次に免責事項を見ます。

病気しがちな犬種、短頭種とか、腰が悪い、Mダックスとかコーギーは

この免責事項をみて、保険料・保険金の兼ね合いで判断しないといけません。

 

勝手におすすめペット保険

①楽天ペット保険

免責事項が多いことが欠点ですが、

その他は割かしいいと思う。

それに、ペット保険料の変更がないのがいい

 

www.damemotoko.com

 

↑上の記事で、保険について触れたんだが、

これはペットに関しても例外ではないと思っています。

 

というのも、日本人がどんどん貧しくなっているので、

犬すら飼えなくなってきている。現に、今は猫飼いが増えてますよね。

猫ちゃん特集をいたる所で見ます。

 

犬より猫の方が、食費も安いし、飼いやすいんです。

 

さらに言うと、猫でペット保険に入っている人って少ない。

しかも犬より保険料が安い。

 

何が言いたいのかというと、

保険というのは、犬だろうが人間だろうが、

数多の保険に入ってくれた人の保険料で、一部の人間に保険金を支払っているんです。

 

それが、より保険料をとれる犬の飼育者が減っている、その中でも、さらに保険に入っる人が減っている。

そうなると、保険屋は運営がきついんです。

 

なので、ほかのペット保険、たとえばどうぶつ健保のように、どんどん保険料を上げていく、ってことになります。

 

幸い、楽天は知名度が高く、また格安な保険料なので、入る人が多いでしょう。まだ、持続可能です。

 

日本ペットプラス

ここは、ももを入れてみたいなって思っているくらいです。

はっちゃんは、持病が色々あるので無理ですが、ももはないので。

 

理由は、一番保険金が多く返ってくるからです。

ひどい免責事項もないですし。

 

ただ、気がかりなのが、楽天みたいにペット保険料を変更しない!!

と名うっていないところです。

 

どちらかというと、場合によっては変更があります。って書いているところが不安です。今はないかもしれませんが、今後の状況次第で十分にありうると思います。

 

今がどんなに良くても、いざ保険に入ってどんどん改悪されたら目も当てられません。

 

ここはおすすめしない

どうぶつ健保

PETS BEST

はおすすめできませんね。

 

どうぶつ健保は、後々、すごく保険料があがる可能性があります。

月8千円も増えたって話も聞きます。

年間9万6千円の負担増です。これ、軽い通院費がでるんじゃね?って額です。

こういうことがあるので、結構悪評を聞きます。

 

PETS BESTは、誤飲が1万円しか返ってきません。

その他、ホームページが非常に見にくい。

意外と、ペットの誤飲って多いんですよ。

これ、食べられなくね?っていうものも犬は飲み込んでしまいますから。

 

保険というのは、幅広く保証してもらった方が安心です。

獣医師監修とのことですが、あれもこれもだめだと保険のメリットとしては低いです。

まとめ

今現在、私のおすすめする保険です。

私は、ipetにしか入ってないので、使い勝手とかオペレーターの対応とかはしりません。

 

保険料・補償金より、サービスが大事という方は参考にしないで下さいね。

あくまでお金重視で考えています。

 

簡単にですが、参考になれば幸いです。

 


ややこしい説明は抜きにして!保険の選び方がカンタンにわかる本 [ 藤井泰輔 ]

 


レタスクラブ保険の本2019【電子書籍】[ レタスクラブムック編集部 ]