だめもと

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

もしかすると、知らないうちにグーグルペナルティを課されてるかもよ

f:id:damemotoko:20190728145342j:plain

 最近、沈黙のwebマーケティングというSEO書籍を購入しました。

f:id:damemotoko:20190727005739j:plain

なんでも、人気ブロガーさん達が絶賛の作品だそうです。

 

SEOの勉強ははっきりいって全然していない。でも、これからもブログを書き続けるんだから知っといた方がいいのではないか?と思い購入しました。

 

そして、本を読んでグーグルペナルティなるものがある事がわかりました。

早速自分のブログにペナルティーが課されてないか、チェックしようと思います。

 

グーグルペナルティって何?

グーグルペナルティーとは、グーグルの違反規定を満たすと、

検索順位をものすご~く下位に下げるという、恐ろしいペナルティのことです。

 

これをされてしまうと、ブログで稼いでいた人達が、まったく稼げなくなるという恐ろしい事態になります。

 

どうしてこういったことをするのか、というと

グーグルが掲げる理念にあります。

 

グーグルの掲げる理念とは、

ユーザー第一主義です。

ユーザーに不利益を伴わせるかもしれないブログ、サイトをグーグルは許さんゾ!!ってことですね。

 

どうしたら、グーグルペナルティを課されるの?

被リンク貼りまくり

これはグーグルの歴史にあるそうです。

昔のグーグルは、価値あるブログの判断に、

被リンクされているか?

というのを基準にしていたそうです。

 

たくさんのブログがあなたのブログのリンクを貼る、ということはそれだけ良いブログなんじゃない?

みたいな考えです。

そんなに悪い考えではないと思いますけでどね。

 

でも、悪いことを考える奴は一杯います。

自分で複数のブログを作り、互いに被リンクする。

顧客から、お金をもらって、被リンクしまくる。

といったことが起こるように・・・

 

繰り返しますが、グーグルの基本理念は、

ユーザー第一主義です。

ブログの内容にかかわらず、上記の手法を使えば、上位に表示されてしまう。

そこで、グーグルさんは考えました。

 

関連性のない被リンクや、むやみやたらの被リンクには、ペナルティを課してやろう

 

ですので、むやみやたらに被リンクを貼ったりしてはいけません。

こういう行動をとった場合は、グーグルから連絡が来るそうです。

 

この連絡に対して、対応しないとあなたのブログは永遠の下位検索結果です。

 

価値の低い内容

被リンクに関しては、グーグルが手動で通告してくるそうです。

いちいちブログやサイトを調べているんですかね。まぁ大変。

 

手動じゃない場合もあります。アルゴリズムで勝手に仕分けしているんですね。

どういうブログが仕分けされちゃうかというと、価値の低いブログやエロいこと、暴力的なこと、といった公序良俗に違反するようなギリギリ、グレーなブログです。

 

私のブログはエロいことも暴力的なことも書いていない。

価値が低いってことか・・・きついなぁ。

 

ペナルティ解除はどうするの?

被リンクの場合

被リンクの場合は、わざわざグーグルさんからお知らせがくるので、返信したらいいんです。

疑わしい低俗なサイトのデータを保存しておいて、グーグルさんに

こんなリンクとは無関係なんですぅ~

と、言わなければなりません。

 

大体3週間もあれば、解除してくれるそうです。

ですが、グーグルさんの疑惑が晴れない限り永遠にペナルティをくらったままになります。

 

自動ペナルティの場合

この場合の方が厄介です。

私のように万年低検索だと、ペナルティを受けているのか、受けていないのかわからないじゃないですか(笑)

 

ある程度の力をもったブログは、アクセス数の減少を見れば大丈夫です。

いきなり、ガクッとアクセスが減った場合はペナルティが発動しているかもしれません。

 

そういった場合は、↓のURLから否認リンクを選択したらいいです。

www.google.com

 

自分のブログも一応チェック

万年低検索ブログではありますが、万が一価値の低いサイトに被リンクされているんじゃないか?と思い、チェックしてみました。

 

というのも、この被リンクっていうのは嫌がらせにも使えます。

誰かがあなたのブログを妬んで、嫌がらせしてやろうと思ったときに、

価値の低いブログであなたのブログのリンクを貼りまくればいいんです。

 

そうすれば、グーグルさんのペナルティ発動です。

最短でどのくらいペナルティが解除されるかわかりませんが、ブログで食べている人には痛手になるんじゃないでしょうか?

 

因みに、この手口、SEO会社でも使うそうですよ。

あなたが検索順位を上げたくて、SEO会社にお金を払って依頼したとします。

SEO会社はわざと価値の低いブログやサイトであなたのサイトを被リンクしまくります。

 

んで、順位が下がるので、あなたは当然怒りますよね。

そうすると、SEO会社はしれっと、”どうやら価値の低いサイトにリンク貼られちゃってるみたいです。リンクを解除するには別途費用がかかります”

 

といったことをやるSEO会社があるそうです。

一定数悪いことをする輩はいます。

 

そんな理由で一応、自分のブログもチェック。妬まれてないはず(笑)

グーグルサーチコンソルにログインします。

 

f:id:damemotoko:20190728145534j:plain

 

リンクってところをクリックします。

 

どうせ私のブログしかないですよ~なんて思っていたら・・・

hatena.ne.jp

hatenablog.com

の文字が!!!

はてなブログさん、こんなにリンク張ってくれていたんですか?

どうもありがとう!!!

 

そして謎の1被リンクが3つ・・・

一つは同じくはてなブログのブロガーさんがリンクを貼ってくれていたみたいです。

ありがとう!!!

 

そして、残りの2つが問題。

igoi〇dl.net

ai〇iss.com

の文字が・・・

 

igoi〇dlとかいうサイトは、マカフィーさんが危険です、といって表示もさせてくれませんでした。

ai〇issはなんとびっくりエロサイトでしたよ。

 

どっちのURLも身に覚えがありません。

いつの間にこんな輩にリンク張られてたなんて・・・本当に驚きです。

ね、妬まれてたのか!!!

 

早速、グーグルさんに、

こんなやつ無関係なんですぅ、と否認リンク申請を試みました。↓

Google Search Console

がしかし、その謎URLとエロURLが選択できませんでした。

 

1被リンクだと、ペナルティ対象外なんですかね~

 

まとめ

驚いたり、不安になったり、と色々な心情が芽生えましたが

まぁ杞憂でしたね。

とりあえず私のブログにグーグルペナルティは発動されてなさそうです。

ということは・・・

実力か!!!

 

もっと精進します・・・


沈黙のWebマーケティング Webマーケッター ボーンの逆襲 [ 松尾茂起 ]


沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘 [ 松尾茂起 ]