だめもと

日本には素晴らしい言葉がある。そう、駄目でもともと。このブログもそう。

タイトル ページ コンテンツ

犬・猫の熱中症が急増中!!!原因は〇〇〇中がまさかの1位

f:id:damemotoko:20190820214519j:plain

最近、犬や猫の熱中症が急増しているそうですよ。はぁ~今の時代、犬や猫まで熱中症になるのか・・・

 

私の子供の頃は、そんなこと言われなかったなぁ。

外飼いの犬はどうしているんでしょうか?

 

今回、犬・猫の熱中症とその対策についてお話します。

 

犬・猫の熱中症。原因はまさかの家の中

 

headlines.yahoo.co.jp

 

f:id:damemotoko:20190820215513j:plain

まさかのまさかだと思うけど、

お留守番中エアコン切ってないよね?

そんな酷いことしないよね?

 

と、いうのも

知人と話していたんだが、

 

知人「家に帰ると、犬がハァハァしてる」

私「エアコンの温度が高いんじゃないですか?もっと低くしてみたら?」

知人「エアコン切ってるよ。扇風機」

私「・・・」

 

という会話をつい先日繰り広げたばかりでして・・・

おいおいまじかよ。

 

犬は体温調整が苦手です

 日本でも涼しいところはあります。軽井沢とか北海道とか、でも犬のことを思うのならエアコンはつけた方がいいでしょう。

 

というのも、犬は我々人間より、体温調整が下手です。

私たち人間は、汗腺が発達しています。暑いと汗をかいて熱を発散させますよね。

 

ですが、犬は人間のように汗腺が発達していません。

それに毛むくじゃらだし。

 

犬の熱放出方法は、ハァハァと舌を出すくらいです。

 

なので、私たち人間が暑くなくても、犬からしたら暑いのです。

暑さに弱い、フレブルを飼っているとより実感します。

 

風が強くて涼しいから散歩を長めにさせよう、と散歩させた日のこと、

私は全然暑くないのだが、犬達はハァハァ、ゼぇゼぇ。

こんな温度でも暑いんだ、と驚きました。

 

長生きの秘訣は温度管理?

以前犬も入れるフランス料理屋さんに行った時のことです。

そこのオーナーさんがパピオンを飼っているそうで、なんと年齢は14歳。

 

お写真を見せていただいたところ、まぁ若い。

9歳くらいに見えました。まさか14歳だったとは!!!

 

そのオーナーさんに長寿の秘訣を聞いたところ、

オーナーさんいわく”徹底した温度管理”だそうです。

なんでも、1年中エアコンを入れっぱなしにしておくそうで、犬のいる部屋だけは温度が一定なんだそうです(笑)

 

流石に電気代がヤバイので、我が家ではそんなことできませんが、

なるべくエアコンをいれてあげるようにしています。

 

どうして扇風機だけじゃだめなのか?

小さいころ、洋服の中に扇風機を入れて、あぁ涼しい、ってやったことはありませんか?子供の頃よく怒られました(笑)

 

人間は扇風機にあたると涼しい、と思いますよね。

でも、汗腺が発達していない犬は、別に涼しいと思いません。

 

す~っごく暑いミンクの毛皮をあなたが来ているとします。

そんなあなたに扇風機の風を当てて、涼しいと思えますか?

思えませんよね(笑)

 

では、扇風機が全く無意味か、というとそうではありません。

空気を循環させるという意味では必要です。

 

我が家では、エアコンと扇風機を併用しています。

夜中に、犬達の為に、エアコンと扇風機を入れて寝ているんですが、寒くって(笑)

 

扇風機を使用する際は、あくまでもエアコンと併用だと思ってください。

暑い空気をいくら扇風機で循環させたって意味ないですから。

 

日中の散歩は拷問だ

これは、犬・猫に限った話ではありません。幼児にだって拷問です。

犬や子どもは背が低いですよね。

 

アスファルトの照り返しをもろに浴びてしまいます。

中型犬程度で50~60度にもなると言われています。

チワワなんて、灼熱地獄ですよ。

愛犬のことを思うなら、日中の散歩は避けてください。

 

しかも、ただ暑いだけじゃない。

犬は素足です。日中、素足で歩けますか?無理ですよね。

犬は肉球があるといっても、どんなに暑くても大丈夫!!!耐熱性ってわけじゃありません。

 

肉球にも限度があります。

足をやけどしてしまうので、やはり日中の散歩は控えてください。

 

犬の熱中症の症状

 

f:id:damemotoko:20190820215312j:plain

もう、意識ないとかやばいでしょ。

手遅れになりますよ。

 

人間が老若男女とわず、熱中症ですぐ死んでしまうように、

犬も死んでしまいます。短頭種なんて特に暑さに弱いです。

 

異変を感じたらすぐに体を冷やし、病院に連れて行ってください。

 

水を飲んでくれないときの対処法

犬が自発的に水を飲んでくれる分には、いいのですが、

水を飲みたがらない子もいます。

 

我が家のももは、あまり水を飲みません。

水分摂取は、ご飯にたっぷり入っているスープくらいです。朝・晩の2回くらいです。

きっと味がついていないのが嫌なのでしょう。はっちゃんは、お水を飲むんだけどなぁ・・・これは性格なのでどうにもなりません。

 

家ですらそうなので、外に出たときは尚更飲みません。

お外に夢中です。

 

そんな時は、

芋氷

ももが芋が好きっていう単純な理由です。

焼き芋をほぐして、水を少々加えた、どろどろ芋を

型にいれて凍らせます。通称、芋氷。

 

これならももは喜んで食べます。

 

とは、いってもこれはお外には持っていけません。

すぐ溶けてしまいます。あくまで家の中です。

 

お外でも必須アイテムは

霧吹き

犬は、下で体温調節しています。

その体温調整のわずかでも手助けになれば、と思って

霧吹きをふきまくって歩いています。

 

ないより、マシです。

まとめ

最後に挙げた方法は、ただの悪あがきです。

犬の体調を思うのでしたら、

 

・お留守番中、日中はエアコンをつける。できれば扇風機も

・日中の散歩はしない

 

上記2点を徹底してください。